えっ本当!ストレスがピロリ菌の原因の病気や環形の薄毛につながる?

えっ本当!ストレスがピロリ菌の原因の病気や環形の薄毛につながる?

えっ本当!ストレスがピロリ菌の原因の病気や環形の薄毛につながる?

 

 

・ピロリ菌について

 

現代では、ピロリ菌の感染者は衛生環境が良くなったこともあり、少なくなってきています。しかし、乳幼児期に感染している両親から口移しで感染するケースもあります。

 

ピロリ菌が感染することで、多くの人は胃炎の症状が起こります。胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があって、急性胃炎の場合は、アルコールや香辛料の過剰摂取などが原因であると考えられ、慢性胃炎の場合はピロリ菌が原因である可能性が高いと言われています。

 

また、ピロリ菌が長期間住み着いていると、胃の粘膜を守る力が弱まり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどのリスクが高まると言われています。

 

ピロリ菌に感染していると絶対に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどを発症するわけではありませんし、治療薬の副作用のリスクもあるため、除菌治療を行わずに定期的に検査して経過を確認する方法がとられることもあります。

 

そういった場合に気を付けたいのがストレスです。もともと内臓はストレスの影響を受けやすいですし、その上ピロリ菌によってストレスのダメージを受けやすくなっています。ストレスによって胃が痛くなるという話をよく聞くと思いますが、ピロリ菌に感染している人はその症状が出やすくなります。

 

 

 

 

 

 

・ストレスと薄毛の関係について

 

ストレスは胃潰瘍など体調の不調につながるだけではなく、環形の薄毛など、頭皮や毛髪の不調にもつながります。

 

ストレスを受けて溜め込んでいると自律神経の乱れにつながり、自律神経の乱れによって血行不良につながってしまいます。さらに血管を収縮させるホルモンが過剰に分泌させるようになって、血流が悪くなってしまいます。

 

血流が悪くなると、身体中に栄養が行き届きにくくなることでさまざまな不調につながってしまいますが、頭皮や毛髪にも栄養が届きにくくなってしまうので、薄毛の原因となってしまいます。

 

 

・睡眠をしっかりとろう

 

ピロリ菌による胃潰瘍のリスクを高めたり、薄毛の原因となったりするストレスを溜めにくくするために、睡眠をしっかりとるようにすることと睡眠の質が大切になります。

 

睡眠不足になると脳の扁桃体が活発になります。扁桃体というのは恐怖や不安を司っているため、活発になると恐怖や不安を感じやすくなるので、ストレスを感じやすくなってしまいます。

 

また、良質な睡眠はストレスを軽減することができますが、睡眠の質が悪いとストレスがあまり軽減されません。

 

午前中に日光をしっかりと浴びていると、夜に眠りにつきやすくなるので、素早く眠りにつけることで睡眠時間も増えますし、睡眠の質も上げることができます。

 

次の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

本当はどう?ストレスや頭痛と薄毛の関係性について